クラウドPBXとはWhat is cloud PBX?

クラウドPBXとは?

従来、オフィス内に設置してあったPBX(電話交換機)を、インターネット上に用意した機能(サービス)になります。インターネットの環境を用意することで内線・外線通話や転送などを行え、安価、且つすぐに始められるサービスです。

PBX(電話交換機)とはなに?

電話交換機(PBX)とは、電話回線を相互接続し電話網を構成するための交換機である。2000年代に入り、VoIPへの置き換えが開始されたため、日本ではNTTなど電気通信事業者(キャリヤ)向けの電話交換機はほとんど製造されておらず、事務所工場などの内線電話用(自営設備)の構内交換機が製造されている。
手動交換機からクロスバー交換機へ、さらにデジタル交換機に至るまでの間、交換機は段階的に、かつ大幅に小型化された。そして、従来交換機が陣取っていた場所は空きスペースとなり、現在はコロケーション(co-location=共同の設置場所)スペースとして、ADSLなどの他の電気通信事業者などに貸し出されている。
引用(wikipedia):https://ja.wikipedia.org/wiki/電話交換機

従来のPBX

従来の仕組みでは、PBXをオフィス内に設置し、電話回線の工事を行うため時間と費用がかかります。さらに、電話機や回線の増減、内線の設定についても、都度事業者を呼ぶ必要があります。また、保守期間が切れた時には、利用しているPBXの買い替えが発生したりする場合もあります。

クラウドPBX

オフィス内にPBXを設置する必要が無いので、場所を取らない。工事が必要ない。そもそもPBXに価格費用が発生しません。当社の場合を例に上げると、電話機や回線の増減、内線番号の設定もすべてブラウザから管理画面にアクセスして行えて、変更後に即座に反映されます。

クラウドPBXでは、どのような電話機が使えるの?

VoIP電話機・スマートフォン・ソフトフォン(PC)・電話会議システムなどが利用可能で、そのすべての端末で、代表番号の同時呼び出しや、内線化、保留転送、電話会議などが利用可能です。

クラウドPBXのメリットは?

① すぐに利用できる
WEBからの申し込みで、個人なら即日、法人でも3営業日で開通。電話回線とPBXサービスをワンストップで提供しますので、短納期が可能です。

② ロケーションフリー
どんな場所でもインターネットがあれば利用可能です。世界中に展開する拠点全てを内線組みがすべて可能になります。

③ 高機能で低メンテコスト
事務所移転の際、番号が変わらない。移転のための工事も不要で、移転先に電話機を持参してインターネットにつなげば、すぐに利用が開始できます。BCP対策に非常に有効です。

④ スケーラビリティーに優れる
保留、内線転送、外線転送、アテンダント転送、グループ呼び出し、ボイスメール、共有電話帳、個人電話帳、Google Contacts連携、会議電話、メモ録音、モニタリング、ウィスパリング、外部電話帳とのWEB連携、Webアプリ連携、IVR、全通話録音 etc・・・ etc・・・。色々な機能をすべて網羅。

⑤ 電話機の多様性
IP電話機 ・ スマートフォン ・ ソフトフォン(PC) ・ 電話会議システム など様々な端末で電話が可能です。

逆にクラウドPBXのデメリットは?

・特殊番号にかけられない!
110番や119番などの一部特殊番号に電話が出来ません。

・パーク保留ボタンが無い
IP電話全般に言えることかもしれませんが、基本的にパーク保留ボタンが無く、直接内線番号を打ち込んで転送することになります。当社の場合ですと、「#9」を押して保留状態にして、「相手先の内線番号(200など)」をダイヤルして、最後に「#」を押すことで保留転送が行えます。

・停電に弱い!
インターネット環境を用いた電話サービスなので、オフィスが停電した場合は、電話が出来なくなります。ただし、緊急時のためスマートフォン等のアプリにIDを設定し直すことで、電話が出来るようになります。

・環境によっては不安定。
 たとえば、クラウドPBXをスマートフォンで利用する場合、データ通信になるため現在地の通信環境によっては、音声が途切れたり、聞きとりづらかったりします。また、PCと同一のインターネット環境に用意した場合、PCで動画再生を大量に行った場合などは、電話が鳴らなくなる可能性もあります。

まとめ

当社では、クラウドPBXを中心に、さまざまな端末にてサービスを展開しておりますが、クラウドPBXってそもそもなんなの?という疑問に少しでもお応えできればと思い、今回、筆をとらせて頂きました。


オフィスの電話のクラウド化を検討される際、もしご興味を持って頂けましたら、以下よりお問い合わせ下さい。