クラウドコールセンター

特長 機能 アウトバウンド 他社との違い
画面イメージ 利用シーン 動作環境 価格表

クラウドコールセンターシステム「Cloco(クロコ)」とは

クラウドコールセンターシステム「Cloco」は、
インターネット環境を利用するため、電話回線が不要ですぐ導入。
コールセンターに必要な機能を全て低価格で提供しております。
クラウド型なので場所を問わずにコールセンター業務が始められます。

Clocoの特長

機能

コールキューイング(待ち呼)
着信が重なって電話に出られない場合に、ガイダンスを流して待機させ、オペレーター側で顧客からかかってきた順番に電話が取れるようにできます。
リアルタイム・ヒストリカルレポート
現在のオペレーターの状況確認や、過去の履歴をデータで確認、抽出が出来ます。
顧客情報管理(CRM)
システム内で顧客情報を管理。顧客ごとに進捗情報の管理などが行えます。着信時には顧客情報がポップアップされます。
電話会議機能
システムが入った全てのパソコンから、電話会議に参加出来るので、出張費を抑え、コミュニケーションを活性化させます。
全通話録音
通話内容を録音し、後で再生することができるため、応対品質向上に役立てられます。
テキストチャット機能
通話中にアドバイスを求める時や、グループでの意識統一、目標の共有など、色々な用途でご利用いただけます。
IVR(自動音声応答)
相手の要望に合わせてガイダンスから、対象のオペレータに接続します。
ミュート・パーク保留・転送も可能
当然、保留、パーク保留、ミュート、保留転送も基本機能としてご利用頂けます。

アウトバウンド機能が追加!

オートコールによる、リスト発信で電話営業が効率化!結果集計も楽々!
アウトバウンドのコールセンターに必要とされる【プログレッシブコール/プレビューコール】、
【プレディクティブコール(発信速度倍率調整)】、【キャンペーン管理】、発信者番号選択などの機能を全て備えています。

null

他社との違い

※当社独自比較

画面イメージ


リアルタイム情報統計

ステータス統計
 

コミュニケータ統計

時間別統計

利用シーン

・利用形態
約3000社のユーザーのサポート業務に利用。国内外でサポート業務を実施。

・コールセンター機能
IVR(自動応答音声) , CRM(顧客情報管理) , ACD(着信分配装置) , レポート , 全通話録音

顧客情報をインポートして、顧客ごとにサポート状況や進捗を管理を行い、
SVが問い合わせ状況や案件の進捗状況、リアルタイムの対応状況や稼働状況を把握している。
応答呼、破棄呼の状況を今後のサポート体制管理に利用する。
営業時間外は自動で応答音声を再生
「ただ今の時間は、営業時間外です。営業時間内におかけ直し下さい。」

・利用形態
通販商品の受注コールセンターで利用。約100アイテムを販売。
エージェント数は20名。
売れ筋商品毎に電話番号を分けており、その他の商品は1番号で受けている。

・コールセンター利用機能
鳴り分け , IVR(自動応答音声) , ACD(着信分配装置) , レポート , 全通話録音

主要商品宛の電話は着信時に音声でどの商品宛の電話なのかお知らせし、お客様と話す前にどの商品宛てかを判別。
主要商品は、専門部門が対応して、その他商品は全体で対応を行っている。

営業時間外は自動で応答音声を再生
「ただ今の時間は、営業時間外です。営業時間内におかけ直し下さい。」

動作環境について

詳しい動作環境についてはコチラ

インターネット
・光ファイバーを推奨
※ADSLやイーモバイル等の回線でも利用可能ですが、上り帯域が少なく、回線も不安定なため推奨しておりません。
※1ユーザーの帯域は、上り/下り共に200kbps 程度になります。

 

ルーター
・YAMAHA RTX1200(50席程度まで)推奨
ルーターの性能と、回線スピードが重要となります。
※設定は別途必要です。
その他、お客様がお持ちのルーターでもご利用は可能ですが、別途設定を行う必要がございます。
導入時にご相談下さい。

 

社内LAN環境
HUBが古い場合や複数のHUBを経由する場合は、ノイズが入る恐れがあります。
より安定した通話環境には、QoS(優先制御・帯域制御) に対応したHUBのご利用をお勧めします。
※無線LANは環境に大きく依存しますので、可能な限り有線LANをお勧めしております。

 

PC/ブラウザ
・ブラウザ:Google Chrome
・CPU:インターネット閲覧がストレス無く行えるスペック
・メモリ:最低2GB以上を推奨
・ディスプレイ:1024×768以上の解像度を持つディスプレイを推奨
【Google Chrome】 Windows 要件 Mac 要件 Linux 要件
オペレーティングシステム Windows Vista
Windows 7
Windows 8
Windows 10
Mac OS X 10.6 以降 Ubuntu 12.04以降
Debian 7 以降
プロセッサ Intel Premium 4 以降 Intel Intel Premium 4 以降
ディスク空き容量 350 MB
RAM 512 MB
ヘッドセット
・USBやジャック等で接続できるヘッドセットが必要になります。
bluetooth対応のヘッドセットも利用可能ですが初期応答の遅れや、設定でトラブルが発生したりする
可能性があるのでお勧めしておりません。

価格表


※システム料金は、同時ログイン数(席数)または、チャネル数のどちらか多い数が対象となります。
 例)20席での利用の場合は、25ch内の料金を適用
 例)5席での利用だが、20ch使う場合は、25ch内の料金を適用
※システムサイズをアップする場合、手数料として、初期費用の差額分が発生いたします。
 例)10ch ⇒ 50chの場合 200,000円 – 50,000円 = 150,000円

 
※ デモ環境ご希望の場合はお問い合わせください。
IT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」において「コールセンターシステム」部門に掲載しております。